本文へスキップ


 テレマークスキー Q&A

テレマークスキーを始めると、分からない事、疑問に思う事が沢山、出てきます。
それらを相談出来ずにもんもんとしている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
それらを解消するため、よく尋ねられる事柄を書いてみました。
私の主観が強く入った考え方もあるかと思います。その上でご参考にしていただければ
幸いです。



Q:テレマークは何故、カカトを固定しないのですか。

それはテレマークだから・・と言ってしまえば叱られますね。スキーは元々、雪上を
  歩いて移動するために生まれたもの。歩くことを考えると、カカトが上がる方が自然
  です。このスキー本来のスタイルに滑走技術がプラスされたのがテレマークです。
  テレマークスキーは、スキー本来のスタイルを大切にしているのですね。
    
Q:テレマークはアルペンスキーよりも難しいと言われたのですが。

ビンディングとブーツが違っても同じスキーです。レベルに関係なくアルペンで滑れる
  方なら短時間でアルペンと同等レベルで滑れる様になります。また、滑走技術が無くて
  も良いのです。歩くだけでも楽しめるのがテレマークです。難しく考えないで気軽にテ
  レマークに接して欲しいですね。


Q:テレマークで滑るとすぐに疲れてしまうのですが。

そうですね。確かにテレマークはアルペンよりも足を前後に開いて、低いポジションを
  取る時間が長いので、アルペンと比べると疲れますね。でも滑る程に重心が安定して、
  姿勢が良くなると疲れにくくなるようです。慣れないから無駄な力を使ってしまうので
  すね。慣れない内は、どうしても疲れやすくなりますが、それでも面白いのがテレマー
  クだと、私は思います。


Q:テレマークは不安定で怖いと聞いたことがあります。

アルペンの用具と比較すると剛性の部分で劣る用具もあるので、その様に表現されてし
  まっているのだと思います。テレマークは自由度の高い用具を使います。自由度の乏し
  いアルペンの用具と単純に比較されると悲しくなります。テレマークの用具もアルペン
  並みの剛性を持ったものから皮製のような柔らかいものまで、実にバリエーション豊か
  です。バリエーションの豊かさでテレマークに敵うものはありません。
  人生も仕事もテレマークも、安定し過ぎない方が面白いのでは・・・


Q:テレマーク用のスキー板ってありますか。


以前はテレマーク専用スキー板が沢山あったように思いますが、最近では”テレマーク
  にも使える”という言い方をする板が殆どとなってしまいました。ステップソール(鱗)
  タイプのスキー板はテレマークで本領を発揮するので、テレマーク専用と言っても良い
  かも知れませんね。乗りたいタイプの板であれば、テレマークでもアルペンでも構わな
  い様にも思います。

    
Q:テレマーク用ブーツの特徴を教えて下さい。

テレマークは歩けて滑れる魔法のスキーです。そのためテレマークブーツでは、歩きや
  すくするために前部分にジャバラがありそれが歩くときに曲がるようになっています。
  このジャバラのお陰で、滑る際にもテレマークポジションを容易く作ることが可能です
  。ブーツの素材にはアルペンブーツ同様、プラスチック製が主流となっていますが、軽
  くて軽快な皮製のブーツも多くの方に愛用されています。


Q:テレマーク用ビンディングの特徴は何ですか。

ずばり、カカトをいつ何時でも固定しない事です。誰が何を言おうと固定しません。
  この一言に尽きます。タイプとしては、ベーシックな3Pinという最もシンプルなものか
  ら硬いバネでブーツをしっかりとホールドするワイヤータイプまで用途、スタイルによ
  って様々です。ブーツをしっかりと固定しながらも、如何にしてカカトを上げやすくす
  るか、奥が深いのがテレマークビンディングです。

    
Q:テレマーク用ビンディング、ブーツに「NTN」という規格があると聞いたのですが。

最近、作られた新しい規格で、ビンディング、ブーツの形状が現在主流の75mmNordic
  Normという規格のものと異なります。そのため、それぞれの交換性はありません。
  造りの剛性を高め、更にハードな滑りに対応出来る様に作られています。そしてテレマ
  ーク以外の幾つかのツアー用ビンディングにも装着出来る様になっています。滑りの質
  、用具の合理化を求めて誕生した規格だと言っても良いでしょう。


Q:今後、テレマークは「NTN」規格に移り変わるのでしょうか。

NTN規格のビンディングとブーツは改良が重ねられ、当初の重い、硬いはかなり解消さ
  れてきました。ただ、75mmNordicNorm規格のシンプルで軽量な”味”は、NTN規格で
  は実現出来ない部分であるため、規格が移り代わる事はないでしょう。
  規格が増えた分、選択肢が増え、テレマークの魅力は更に増すことになるでしょう。


Q:ゲレンデや山でテレマーカーを見かけるとつい、声をかけてしまいます。

それは立派なテレマーカーである証?同じ楽しみを共有する人を見かけると、どうして
  も親近感を覚えますね。気軽に声をかけ合えるのもテレマークならではだと思います。
  登山中、すれ違う登山者達が「こんにちは」と声をかけ合うのと同じです。
  人と人、まずは挨拶からコミニュケーションが始まります。


Q:テレマークを始めたいのですが、どうして良いのか分かりません。

テレマークを教えているスクールで受講するのはいかがでしょうか。地域によってはテ
  レマークを楽しんでいるクラブもあるようなので入会するのも一つの方法です。専門ス
  タッフがいるショップで相談するのも良いでしょう。雑誌やネット等からの情報も良い
  のですが、やはり最後は人だと思います。
    
Q:ゲレンデでアルペンスキーを楽しんでいるのですが、これからテレマークを始める時に
  必要な用具には、どの様なものがありますか。


まずは、ブーツとビンディングです。スキー板は、使わない、あるいは使っていないも
  のにテレマークビンディングを取り付ければOKです。もちろん、板を新調出来れば尚、
  良いでしょう。ブーツはテレマーク専用で無ければいけません。残念ながらアルペンブ
  −ツは使えません。その他のストックやウェア、グローブなどの小物はアルペン用で充
  分です。大切なことは、利用できることは利用して始めてみることだと思います。


Q:テレマークに関心があるのですが、スキーをしたことがありません。

まったく問題ありません。滑れなくてもテレマークは楽しめます。スキー板で雪の上を
  滑る時のスリルは格別です。足首を硬い用具で固定しないので、転んでもケガのリスク
  はかなり低いものです。山の斜面に関心を持ったら、少しずつ滑る練習を始めると良い
  と思います。

    
Q:テレマークで使うストックは長い方が良いと聞いたのですが。

テレマークに限らず歩く時は、杖と同じく少し長いと感じる位が力をかけやすく、扱い
  易いと思います。ただ滑る際に長いストックを使うと、ストックの先が雪面に引っかか
  ってしまい、体が伸びきった不安定な姿勢になってしまいます。滑って歩けるテレマー
  クで万能に使える長さとして、若干、長めが良いと言われるのかも知れませんね。
  1本のストックでその時々の理想的な長さを求めれば、伸縮出来る可変式ポールはとて

  魅力的ですね。


Q:テレマークで転んでいる人の多くが、何故か楽しそうに笑っています・・・

テレマークは転んでも楽しい?・・そんなことは無いと思うのですが。きっと、”テレ”
  ているのでしょうね。人目を気にする必要はないのですが、愉快な仲間と一緒に楽しん
  でいるだけで嬉しくなってしまいます。笑いが止まらず、思わず大声で叫んでしまうこ
  ともあります。純粋に笑顔がこぼれるのがテレマークです。

    


Q:アルペンと比べてテレマーク人口が少ないのは何故でしょうか。

雪上を移動するために生まれたスキーが1950年代、オーストリアで斜面を滑り降りるア
  ルペンスキーとして進化を続け、今日に至っています。一般的に思われているスキーは
  滑るものであり、歩くものではないのです。滑るものという固定観念が強すぎて、歩け
  るテレマークが受け入れられ難くなっているのが大きな原因なのかなと考えています。
  こんなに楽しいテレマークを知らないでいるのは勿体無い話だと思うのですが・・・




まだ続きます・・・



                                このページの先頭へ

 -店舗情報-

テレマークスキーショップSOU

〒537-0024
大阪市東成区東小橋1丁目6-22
TEL 06-6224-7825
FAX 06-6224-7825